スマート自治体への転換 米子市AIチャットボット住民窓口Edia選定

鳥取県米子市に、AIチャットボット
「住民窓口Edia」が選定されました。

米子市は、国の自治体行政スマートプロジェクト実践モデル形成地域であり、
窓口業務等においてICTの導入が効果的な業務について、
他自治体と連携しながら検証を行なわれています。

人口約15万人、鳥取県の西部、山陰のほぼ中央に位置し、南東に中国地方最高峰の大山、北に日本海、西にコハクチョウ渡来南限地でラムサール条約登録の中海を有する、豊かな自然環境に恵まれた街です。道路、鉄道、空港などの利便性も高く、古くから地域の交通結節点・宿泊拠点、人の行き来が盛んな「山陰の商都」として栄えてきました。

既に、コロナ専用のチャットをテストで導入されていましたが、
今回、住民サービスの向上と職員様の問合せ対応時間を軽減するため、
対象業務範囲を拡げられます。

今後、若年労働力の絶対量が不足をしていきます。
人口縮減時代にパラダイムシフトの転換が必要です。

経営資源が大きく制約されることを前提に、
従来の半分の職員でも自治体が本来担うべき機能を発揮できる仕組みが必要です。

全ての自治体で、AI・ロボティクスが処理できる事務作業は、
全てAI・ロボティクスによって自動処理するスマート自治体へ転換する必要があります。

.
AI MEDIA REVOLUTION CAMEL

.

関連記事

  1. 京都四条河原町に誕生したアパートメント型ホテル様がTripEdia導入…

  2. 忍びの里 滋賀県甲賀市に多言語AIチャットボットを納入しました

  3. 観光に特化したAIチャットボット「Travel Edia」納入しました…

  4. 鳥取県境港市で新型コロナAIチャットボット運用開始

  5. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  6. 世界から観光客が集まる城崎温泉若旦那の取組みに注目

  7. 福岡県警察AIチャットボットが安心・安全な毎日を手助けします

  8. 福岡県庁及び県下15団体AIチャットボット住民窓口Edia納入

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP