英語特区にPepper導入

岡山県にある和気町は、県南東部に位置する人口約1万5000人の小さな町です。
地方共通の課題である人口減少問題の対策として、町内の小・中学校を対象とした
英語特区校の認定や、無料公営塾の設置など、教育分野に力を入れています。
.
その地方創生に関する取り組みは、各企業や子育て世代からも注目されており、
RSK山陽放送にて特別番組が2回に分けて放送されました。
弊社も英会話や紙芝居の読み聞かせ等、Pepperアプリケーションを通じて共に取り組んでいます。
.
あまり知られていませんが、Pepperは喋ることはもちろんヒアリングも非常に優秀です。
その能力を活かし、子どもたちと一緒に英語の歌を歌ったり、発音練習ができるようにプログラムしました。
また人型ロボットならではのフォルムと胸のタブレットで、想像力を育てる紙芝居の読み聞かせを行います。
.
「和気町 地方創生特別番組〜みんなが住みたいまちに」

Pepperの活用シーンと弊社の取り組みは、10:55付近より。
今まで多くのロボットアプリケーションを手掛けた福井が
インタビューに答えています。

.
中井

.

.

関連記事

  1. 青森県庁AIチャット導入していただきました

  2. 在宅勤務でAI学習中

  3. 福岡県久留米市でAIチャット市町連携

  4. やくの麺業WEBリニューアルと通販(EC)AIチャットボット登場

  5. AIコンシェルジュTripEdia全国キャンペーンはじめました

  6. Pepper接客アプリ、鋭意開発中!

  7. 5ヶ国語に対応したPepper専用観光案内ロボアプリ登場!

  8. ミュージアム学芸員Pepper登場!中山道広重美術館様

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる