観光に特化したAIチャットボット「Travel Edia」納入しました

3/19より京丹後観光公社にて、定型的な観光情報の問い合わせに対応する
観光に特化したAIチャットボット「Travel Edia」の運用を開始しました。

公式ホームページ「京丹後ナビ」のトップページにバナー
(キャラクターコッぺちゃん左下)が貼り付けられています。

問い合わせ項目は、
「海水浴・マリンレジャー」「キャンプ場」「グルメ・お土産」
「交通アクセス」「宿泊」「観光スポット・体験」「観光パンフ・ガイドブック」
の7項目から選択できます。
*かにシーズンまでに冬の項目も追加されます。

京丹後市観光公社では、一年間の電話問い合わせ数は8,000件にのぼり、
夏季は海水浴やキャンプ場、冬季はカニや天気の問い合わせが殺到し、
ピーク時は1ヶ月に1,000件を超えます。

また、ホームページの「京丹後ナビ」で検索しても、
知りたい情報にたどり着けず、途中で離脱するケースも多いようです。

「Travel Edia」は、これらの課題に対応するため導入され、
知りたい情報項目を順次選択していくと、
各回答まど2~3回クリックで到達する事ができます。

観光用共有システムとしても構築しておりQA回答追加も自由にできます。
観光協会単独利用はもちろん、自治体様向け「住民窓口Edia」に
搭載する事も可能です。

京丹後ナビ
https://www.kyotango.gr.jp/

.

関連記事

  1. 八幡総本宮のある大分県宇佐市でAIチャットボット運用開始

  2. 京都四条河原町に誕生したアパートメント型ホテル様がTripEdia導入…

  3. 奈良県庁「奈良モデル」に「住民窓口Edia」採用

  4. LINEと連携できるAIコンシェルジュTripEdia

  5. オンライン手続きに繋げるAIチャットボットEdia

  6. 世界から観光客が集まる城崎温泉若旦那の取組みに注目

  7. 新型コロナに特化したAIチャットボットを無償提供

  8. 表裏一体型 職員向けAIチャットボット「庁舎内Edia」開発へ

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP