「救急受診ガイド」が「姫路市AIチャットボット」でも利用できるようになりました

姫路市のホームページで公開している「救急受診ガイド」が、
「姫路市AIチャットボット」でも利用できるようになりました。

急な病気やけがのときに救急車を呼んだ方がいいのか、自分で病院や診療所を受診した方がいいのか、急いで受診した方がいいのかなどについて判断することは、なかなかむずかしいことです。

この「姫路市救急受診ガイド」は、総務省消防庁救急企画室が発行した「救急受診ガイド2014年版」を参考に姫路市消防局が作成したものです。急な病気やけがをして迷われたときに、自身の判断の参考に利用できます。

AIチャットボットに「救急受診ガイド」と入力すると、専用の画面に切り替わりますので、質問に従い、該当する答えを選択してください。症状を選択することで、緊急度に応じた対処方法が表示されます。

更に、音声再生ガイドも機能追加されました。
マイクアイコン又は「音声ガイドを再生する」をクリック(タップ)すると、音声ガイドが再生されます。

救急車で搬送された方で、医師の診察により軽症と判断された割合は、全救急搬送の約1/2を占めていると言われています。

救急受診ガイドAIチャットは、
「救急車をどのようなときに呼ぶべきか?」の助けにもなりますが、救急隊員の業務軽減にもなりますので、
ご協力よろしくお願い致します。

AI MEDIA REVOLUTION CAMEL

 

関連記事

  1. 山陰の名湯・三朝温泉の旅館様が「TripEdia」を導入

  2. トーステ様「採用特設サイト」にAIチャットボット「Recruit Ed…

  3. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  4. デジタルファースト宣言した広島県三原市にAIチャットボット納入

  5. ホテルグランヴィア岡山にTrip Ediaを導入しました。

  6. AIコンシェルジュTripEdia全国キャンペーンはじめました

  7. ルームサービス増加を予測するAIチャットボットTripEdia

  8. TripEdia導入で足元からサービスの見直し

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP