【豊岡市広報】鞄職人が医療用ガウン80万着生産

豊岡特産のかばんのメーカーでつくる兵庫県鞄工業組合が縫製技術を生かし、
医療用の使い捨て不織布製ガウンの製造を始めました。

新型コロナウイルスの感染拡大で医療物資が不足する中、
経済産業省などの呼び掛けを受け、鞄工業組合加盟21社が、
8月末までに80万着を仕立てます。

市内の空き店舗が臨時工場として整備され、
清潔な場所で、生地の裁断や検品梱包作業が行われています。

医療現場の一助になれるとともに、新型コロナ不況下で、
雇用の確保にもつながる対策として注目されています。
 
 

関連記事

  1. 捕獲情報収集システム活用マニュアル動画制作

  2. 植村直己冒険賞 授賞式・記念講演会映像記録

  3. JR和田山駅「夢たじま観光タクシー」デジタルサイネージ

  4. <非公開>豊岡市のコロナ禍におけるアーカイブ映像記録

  5. バーチャルツアー 山陰海岸ジオパークアクティビティ映像制作

  6. 「いのちの教育」への探求 東井義雄の生涯映像制作

  7. ポケットに入れるだけでスマホの充電が可能な鞄の映像制作

  8. 香美町立ジオパークと海の文化館で360VR体験できる

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP