【豊岡市広報】鞄職人が医療用ガウン80万着生産

豊岡特産のかばんのメーカーでつくる兵庫県鞄工業組合が縫製技術を生かし、
医療用の使い捨て不織布製ガウンの製造を始めました。

新型コロナウイルスの感染拡大で医療物資が不足する中、
経済産業省などの呼び掛けを受け、鞄工業組合加盟21社が、
8月末までに80万着を仕立てます。

市内の空き店舗が臨時工場として整備され、
清潔な場所で、生地の裁断や検品梱包作業が行われています。

医療現場の一助になれるとともに、新型コロナ不況下で、
雇用の確保にもつながる対策として注目されています。
 
 

関連記事

  1. 「ひょうご基幹道路ネットワーク」シンポジウムライブ配信

  2. 間人港直送 京丹後市活イカ映像制作

  3. 農業遺産「兵庫美方地域但馬牛システム」映像撮影

  4. 羽倉ランドセルどこでもバーチャル工場見学360度VR映像制作

  5. 日本遺産「北前船の寄港地・船主集落」新温泉町諸寄ガイドツアー映像制作

  6. 2020年度豊岡市成人式のライブ中継しました

  7. 本当に生きているの?「活イカ流通」映像制作

  8. 植村直己冒険賞 授賞式・記念講演会映像記録

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP