大阪府吹田市で介護保険用AIチャットボット提供

大阪府吹田市様に、
「介護保険の手続きや制度に関する質問」にお答えする、
AIチャットボット「住民窓口Edia」を提供致しました。

市ホームページ(介護保険グループのページ)に表示されている
すいたんのアイコン(AIが介護保険の質問にお答えしますと記載のあるもの)を
クリックすることで問い合わせが可能です。

介護保険・介護認定・介護サービスを受ける場合・介護保険料についてなど、
24時間365日対応可能ですので、市役所の業務時間外でも問い合わせが可能です。

また、利用促進のため、
QRコード付き名刺カードを作成させていただき、

案内窓口でお渡ししております。

年々増加する介護難民
介護が必要な状態にありながら、十分な介護を受けられない状態でいる、
いわゆる介護難民が増加傾向にあります。

2025年に団塊の世代と呼ばれる世代が75歳以上になります。
団塊の世代である800万人が後期高齢者となることで、日本の社会に様々な影響をもたらすとされているのが、2025年問題です。

介護業界では、慢性的な人材不足が深刻化しています。
この問題に対し、業務の一部においてAIやロボットを活用することで、
人材不足の解消につながるのではないかという考えがあります。

.

.

関連記事

  1. スペース24のスマホ活用に学ぶ

  2. 鳥取県境港市で新型コロナAIチャットボット運用開始

  3. 横浜市のAIチャットボット導入に向けて

  4. 観光に特化したAIチャットボット「Travel Edia」納入しました…

  5. 大阪のハブステーション新大阪駅に近いホテル様がTripEdiaを導入

  6. 海と山に囲まれた天然温泉のホテルにTripEdia導入

  7. 京都府舞鶴市AIチャットボット採択

  8. ワーケーションで移住者呼び込む能登地域にAIチャットボット「移住定住E…

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP