鳥取県境港市で新型コロナAIチャットボット運用開始

鳥取県境港市で新型コロナウィルス専用の
AIチャットボットが運用開始しました。

境港市は、日本海側の重要港湾として栄えてきた街で、
漫画家の水木しげるの出身地でもあり、代表作の「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する
キャラクターの銅像がならぶ水木しげるロードがあります。

国の自治体行政スマートプロジェクト及び革新的ビッグデータ処理技術導入推進事業で
鳥取県米子市と連携を進める堺港市。

5倍の人口のまちと連携して、まちづくりの目標にされているのは、
市民も希望が持てますよね。

新型コロナAIチャットボットは、
選択肢に応じて正確な回答を返せる「シナリオ型」で回答まで導きます。
「感染状況」「ワクチン」「検査」「支援について」など
搭載しているQ&Aの数は350項目に及びます。
終息まで無償で提供しております。

住民のコロナに対する不安を少しでも
解消できればと思います。

.

関連記事

  1. 【導入事例3選】自治体向けチャットボットの活用について教えます

  2. スマート自治体への転換 米子市AIチャットボット住民窓口Edia選定

  3. 大阪のハブステーション新大阪駅に近いホテル様がTripEdiaを導入

  4. 新型コロナに特化したAIチャットボットを無償提供

  5. 今さら聞けないAIチャットボットとは?

  6. 神々が宿る地 熊野に移住・定住Edia導入

  7. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  8. ホテル導入AIチャットボットがサービス向上にひと役

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP