国家戦略特区養父市にAIチャットボット納入しました

国家戦略特別区域「養父市 中山間農業改革特区」に、
AIチャットボット「住民窓口Edia」を納入しました。

養父市では、お問い合わせに対する利便性向上等を目的に、
AIを活用したチャットボットシステムを導入されました。

住民票や戸籍、子育てなど市役所の手続きや制度に関する問い合わせに対応しています。
「AIチャットボットに質問する」のバナーリンクから利用できて、
AI(人工知能)が24時間365日、質問に自動的に回答するシステムです。

「住民窓口Edia」は、共用QAシステムでもありますが,
まち独自のQAも追加することができます。

新しくできる文化ホールの利用内容であったり、
農業特区の内容なども追加される予定です。

2021年版「田舎暮らしの本」2月号にて住みたい田舎ランキングが発表され、
近畿エリア(回答数61市町村)で、養父市が1位にランクインしました。

養父市は農地をはじめとして自然豊かですが、
それだけでは人は住んでくれなくなります。
だからこそ、AIやIoTなどを活用して利便性や快適性も高めていく必要があります。

新年度になりデジタル推進室が新たに設立されました。
新しい取り組みが更に期待されます。

.

関連記事

  1. 京都四条河原町に誕生したアパートメント型ホテル様がTripEdia導入…

  2. 滋賀県草津市にAIチャットボット「住民窓口Edia」を提供しました

  3. 女性客を意識した旅館にTripEdia導入

  4. ジチタイワークスで移住・定住Edia紹介

  5. AI特化のオンライン見本市出展

  6. 米子市AIチャットボット「住民窓口Edia」とLINE連携開始

  7. 福岡県警察AIチャットボットが安心・安全な毎日を手助けします

  8. 忍びの里 滋賀県甲賀市に多言語AIチャットボットを納入しました

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP