播磨町にAIチャットボット「住民窓口Edia」を導入

兵庫県加古郡播磨町に当社が開発・提供するAIチャットボット

住民窓口Edia」を導入していただきました。

 

播磨町は兵庫県下では最小の面積の自治体であるが、人口密度は全国でも有数の高さの町です。

豊かな自然と歴史文化を持つ町として知られていますが、

近年は人口減少や高齢化といった課題への取り組みも進められています。

 

 

今回導入したAIチャットボットは、

住民の方々の町役場への問い合わせに自動で回答するシステムです。

住民の方々は24時間365日いつでも、

パソコンやスマートフォンから簡単に役場へ問い合わせることができます。

住民窓口Ediaは、住民の方々からの質問に自動で回答するだけでなく、

回答内容を分析することができます。

それにより、住民のニーズや課題等が分かり、役場の業務改善にも役立てることができます。

 

AIチャットボットは、地方自治体の抱える課題を解決するための有効な手段の一つです。

今後も、AIチャットボットの普及を通じて、

自治体の活性化に貢献していきたいと考えています。

関連記事

  1. TripEdia導入で足元からサービスの見直し

  2. 埼玉県鴻巣市にAIチャットボット「住民窓口Edia」を提供しました

  3. デジタルファースト宣言した広島県三原市にAIチャットボット納入

  4. 大阪府茨木市にAIチャットボット「住民窓口Edia」提供

  5. 相生市でAIチャットボット「住民窓口Edia」とスマートツール「SCI…

  6. AIチャットボット「住民窓口Edia」ジャンル別販売はじめます

  7. 大阪のハブステーション新大阪駅に近いホテル様がTripEdiaを導入

  8. 英語特区にPepper導入

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる