兵庫県小野市にAIチャットボット「住民窓口Edia」を導入

兵庫県小野市に、AIチャットボット「住民窓口Edia」を導入していただきました。

小野市では行政手続きのオンライン申請を開始するなど、
市民サービスの向上に取り組んでおり、
今回CAMEL提供の住民窓口Ediaを導入していただくことになりました。

このチャットボットは、市民からの問い合わせに自動で回答するもので、
小野市ではホームページだけでなく、公式LINEアカウントからでも、24時間365日利用可能です。

近年のDX推進で企業・自治体から注目を集めている「AIチャットボットシステム」
その中でも住民窓口Ediaは質問に対する圧倒的な正答率を誇っており、
AIに学習をさせていくことでより多くの質問に回答できるようになっていきます。

導入することで、
営業時間外や担当者不在時でも問い合わせが可能となり、利用者の利便性の向上。
さらに、問い合わせに自動回答することで職員の負担軽減の効果も期待されます。

小野市では「もっともっと小野市を変える」との思いで日々の市政運営に邁進されています。
その変化の1つとして住民窓口Ediaを使った市民サービスの向上と、DX化を進めるサポートができればと思います。

関連記事

  1. ルームサービス増加を予測するAIチャットボットTripEdia

  2. 移住・定住者が増えるAIソリューションを開発しました。

  3. ペッパー入園式で子供たち歓喜!

  4. スペース24のスマホ活用に学ぶ

  5. 大阪府のホテルソビアルなんば大国町様へ「TripEdia」を導入

  6. 石川県内灘町AIチャットボット「住民窓口Edia」提供 

  7. 長野県のホテルブエナビスタ様へ「TripEdia」を導入

  8. ミュージアム学芸員Pepper登場!中山道広重美術館様

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる