AIチャットボット「住民窓口Edia」ジャンル別販売はじめます

新型コロナ感染防止の為、1/8~2/7(31日間)を期間として、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(1都3県)を対象に、緊急事態宣言が行われました。また、大阪など関西3府県も13日に発令で調整。

今回の緊急事態宣言は、社会経済活動を幅広く止めるものではなく、
感染リスクの高い場面(飲食等)に絞って、効果的・重点的な対策を徹底されます。
住民には、不要不急の外出や移動について、感染拡大予防のため、自粛を要請されています。

急増するコロナ感染の中、年末年始のAIチャットボット住民窓口Ediaのログデータは、
「コロナの感染状況や対応」「ゴミの分別・出し方」
「移住相談」「救急ガイド」に対しての質問が多かったです。

このような状況を受け、自治体様での専用ページ対応に、
「住民窓口Edia」のジャンル別販売をはじめます。

これは、既にある共用FAQをジャンル毎に
UI(ユーザーインターフェイス)や管理画面をお渡しします。
それにより、簡単に早く導入する事が可能になります。

問い合わせの多い事を自動応答する事で、職員の業務軽減にもなりますが、
それ以上に、コロナ禍での住民へのサービスの向上に繋がります。

このような事態に、住民が求めている内容を理解する事は、
行政改革の一歩になるのではないでしょうか。

.
AI MEDIA REVOLUTION CAMEL

.

関連記事

  1. AIコンシェルジュTripEdia全国キャンペーンはじめました

  2. 兵庫県旅館ホテル生活衛生同業組合でセミナー講師

  3. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  4. 宿泊施設の感染予防をAIチャットボットでサポート!

  5. 神々が宿る地 熊野に移住・定住Edia導入

  6. 移住・定住者が増えるAIソリューションを開発しました。

  7. 山陰の名湯・三朝温泉の旅館様が「TripEdia」を導入

  8. TripEdia導入で足元からサービスの見直し

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP