加東市AIチャットボット「住民窓口&庁内用(職員向け)Edia」を導入して頂きました

兵庫県加東市様に、AIチャットボット「住民窓口+庁内用(職員向け)Edia」を導入して頂きました。

住民票や戸籍、子育て、ごみの出し方などについて、365日24時間いつでもパソコンやスマートフォンから気軽にお問い合わせができます。

加東市は、現代社会におけるデジタル技術の重要性に着目し、DX(デジタルトランスフォーメーション)の取り組みを進めています。その一環として、市民サービスのオンライン化や市内のデータの活用を行い、行政運営の効率化と市民の利便性向上を図っています。

庁内用(職員向け)のチャットボットは、簡単にアクセスできるため、職員が求める情報に素早くアクセスすることができます。これにより、職員は自分で情報を探すための時間を節約し、生産性を向上させることができます。

また、職員が同じ質問に答えることが減り、その分本来の業務に専念することができます。また、職員が休暇中や出張中でも、チャットボットが代行することで、業務の中断を防ぐことができます。

チャットボットは、問い合わせる情報に関するデータを収集することができるため、職員がどのような問い合わせをしているのかを知ることができます。職員のニーズに応えるためのプロセスやトレーニングを改善することができます。

これらのことから、庁内用(職員向け)チャットボットの導入は、
職員の負荷を軽減し、業務効率を向上させることで、市民サービスの質の向上に繋がることが期待されます。加東市は、DX推進計画に基づき、今後も積極的にデジタル化に取り組まれます。

.

.

関連記事

  1. 世界から観光客が集まる城崎温泉若旦那の取組みに注目

  2. 宿泊施設の感染予防をAIチャットボットでサポート!

  3. 京都府宮津市の天橋立ホテル様が「TripEdia」を導入

  4. 福岡県久留米市でAIチャット市町連携

  5. 朝野家でインバウンド観光客に対応するTripEdia導入

  6. 奈良県斑鳩町にAIチャットボット提供

  7. 「救急受診ガイド」が「姫路市AIチャットボット」でも利用できるようにな…

  8. 青森県庁AIチャット導入していただきました

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる