愛媛県連携で今治市・新居浜市AIチャットボット納入

2月1日、愛媛県との連携で県内である今治市・新居浜市に
新たにAIチャットボット住民窓口Ediaを納入しました。  

幅広い世代の住民が使用するパソコン・スマートフォン等から、多岐にわたる行政情報を対話形式により時間を問わず気軽に問合せを行うことができ、知りたい情報をAIが的確に情報提供します。

LINE公式アカウントにお友達登録していただいた方にも行政サービス、
手続きなどに関する質問にも応答し、該当する情報ページをご案内します。

サービス開始時は、住民票、印鑑登録、戸籍、引越し、ごみ、子育てなど24分野、約1,000の質問にお答えできるよう学習し、今後は対象24分野でお答えできる内容を増やしてくほか、新たな分野にも応答できるよう学習していく予定です。今後、愛媛県、県内複数市町で連携した応答サービスを提供していきます。

弊社のAIチャットボット「住民窓口Edia」を利用している自治体様は、
都道府県の共用QAと市町村の共用QAによる連携が可能で、
同じQAの場合は、連動した回答が表示されます。
また、エリアを絞り込んで各自治体を表示する事もできます。

今後は、住民の声と行政施策の連携を強化し、現状の問題だけでなく、
予測される未来の課題を予見し柔軟に対応するなど、
住民満足度・行政サービスの向上が期待されています。

.

関連記事

  1. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  2. シェア専用AI開発

  3. 今さら聞けないAIチャットボットとは?

  4. スマート自治体への転換 米子市AIチャットボット住民窓口Edia選定

  5. 奈良県庁「奈良モデル」に「住民窓口Edia」採用

  6. 福岡県庁及び県下15団体AIチャットボット住民窓口Edia納入

  7. AIコンシェルジュTripEdia全国キャンペーンはじめました

  8. 人口6,000人の鳥取県智頭町がAIチャットボットを導入した理由

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP