移住・定住者が増えるAIソリューションを開発しました。

株式会社キャメルは、AIで、移住・定住者の疑問、不安を解決する、
AIチャットボット「移住・定住Edia(エディア)」の提供を11月1日より開始します。

「移住・定住Edia(エディア)」は、LINEやウェブサイト上で
動作する対話形式のサービスで、利用者が質問すると、
AIが質問の内容を理解して的確な情報を即座に案内してくれます。

■制作の背景

地方自治体では人口減少に歯止めをかけるため、
移住定住者増を狙った様々な施策を行っています。
ところが、人員不足やコスト削減といった課題があり、
様々な情報を的確に提供出来ないことから、
無人で自動化が可能なAIを使ったサービスを制作するに至りました。

■サービスの特徴

これまで弊社が培ってきた、移住、定住の問い合わせの膨大な情報を
AIに学習させることで、利用者の質問内容から最適な回答を
導き出すことができるようになりました。
例えば、就職や空き家情報の対応、子育てや介護に関する相談など、
多岐にわたる質問に答えることができます。

24時間いつでも自動で質問に答えることができ、
さらに、AIによる自動翻訳を内蔵しており、
多言語での質問にも対応いたします。
これまで人員確保が難しかったインバウンド対策も、
移住・定住Ediaを利用することで充実を図っています。

■詳細

「移住・定住Edia」は、安価に短期間での導入が可能で、標準で以下の機能がご利用可能です。

・利用者の問い合わせのログのご提供
・問い合わせに対する回答を自由に変更可能
・50カ国以上の多言語に対応
・AIキャラクターによる会話の進行
・既存ホームページへの埋め込みチャットデザイン
・別ウィンドウで開くチャットデザイン

■参考URL

https://camel.co.jp/iju-edia/

関連記事

  1. 山陰の名湯・三朝温泉の旅館様が「TripEdia」を導入

  2. 姫路市AIチャットボットのサービス開始

  3. ルームサービス増加を予測するAIチャットボットTripEdia

  4. 滋賀県草津市にAIチャットボット「住民窓口Edia」を提供しました

  5. 福岡県庁及び県下15団体AIチャットボット住民窓口Edia納入

  6. スペース24のスマホ活用に学ぶ

  7. 長野県宮田村にAIがやってきた!

  8. 奈良県庁「奈良モデル」に「住民窓口Edia」採用

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP