「T2」秋冬号 裏路地探険で和田山寺内を取材

但馬情報誌「T2」秋冬号の裏路地探検で、
朝来市和田山町の寺内を歩きました。

体温測定やマスク着用など、感染症対策に十分注意をし
久しぶりの裏路地探検を楽しみました。
暑い中ご協力いただき、まことにありがとうございました。

この寺内は、県指定無形文化財でもある「寺内ざんざか踊り」が舞われることでも有名です。

山王神社の使者であるサルに扮した踊り手が腰の太鼓を叩きながら輪になって踊ります。
歌に合わせて打つ太鼓の音が「ざんざかざっとう」と響くことから
「ざんざか踊り」と名付けられたといわれています。

メインスポットのひとつでもある光福寺では
めったに見られない貴重な巻物などもご説明いただきました。

取材の内容は手書きのイラストマップと合わせ、
11月発行予定のT2秋冬号にて掲載いたします。
(感染症対策のため、発行日が遅れる場合がございます)

関連記事

  1. 「T2」春号制作中 香美町村岡兎塚を取材

  2. 鉱石の道ウォーキングマップ《朝来エリア編》が完成!

  3. ふるさと学習「鉱石の道」子どもポスターできました

  4. 「香美町の名品」募集の条件

  5. 丹後&但馬遊びを提案するTanTan秋号できました

  6. 「T2」春号制作中 学生のボランティア活動を取材

  7. 「T2」夏号製作中 裏路地探険を取材しました

  8. 但馬の情報誌T2 夏号vol.112 近代化産業遺産が残るまち神子畑

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP