中瀬金山イラスト散策マップができました!

もうひとつの鉱石の道、
養父市の中瀬金山町探索マップができました。
.
江戸時代前期に日本有数の金山として栄えた中瀬金山町。
江戸幕府から役人が来て、陣屋が建てられ、
町の入り口には門番が置かれていました。
当時の町割が今も色濃く残っています。
.
お寺の名前も金昌寺・金光寺・宝泉寺など、
金山にちなんだバブリーな名前が付けられています。
.
金鉱山を砕いた「石臼」が町中に残っているのも
全国的に見て珍しいのだとか。
.
手書きのイラストは当社、e制作.comの
イラストレーターが制作させていただきました。
.
まち歩きを楽しくさせるイラスト散策マップの
ご要望がありましたら、ぜひお問い合わせください。

.
木村

.

.

関連記事

  1. カニが待ち遠しい季節。船長気分になれるお宿?TanTan冬号を制作しま…

  2. 「港めし」を食べて豪華商品を当てよう!

  3. 但馬の情報誌T2 vol.110秋・冬 但馬杜氏の郷

  4. 情報誌TanTan夏号できました!

  5. 一貫性を持たせた制作物の重要性

  6. 販促ツール オリジナル紙袋制作

  7. 山陰海岸国立公園指定50周年ポスター

  8. 「香美町の名品」募集の条件

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる