表裏一体型 職員向けAIチャットボット「庁舎内Edia」開発へ

「何度、同じ事を言わないといけないんだ」
「休日中に連絡してきてほしくない」
「引継ぎがうまくいかない…」

ベテラン職員のノウハウ継承、若手職員の働き方など課題が多く、
号令だけでは、業務改善がなかなか進まない…

このような課題は、AIチャットボット「住民窓口Edia」を活用して、
表裏一体型である、職員向けAIチャットボット「庁舎内Edia」で改善できます。

仕様については、
・現状のEdiaシステムに追加機能で安価に導入
・庁舎内用編集画面及び問合せ画面UIを準備
・QAを自由に登録可能
・AIとキーワードマッチによる独自の検索エンジンを実装

簡単な質問はチャットボットで対応し、労働時間の短縮、ベテラン職員ノウハウ継承、
作業量平準化して、市民サービス向上につなげられます。

今後も自治体や企業向けにAIの開発を進め、ノウハウを蓄積して、
自治体・企業への発展につなげてまいります。

.
AI MEDIA REVOLUTION CAMEL

.

関連記事

  1. 「救急受診ガイド」が「姫路市AIチャットボット」でも利用できるようにな…

  2. 大阪のハブステーション新大阪駅に近いホテル様がTripEdiaを導入

  3. 魅力を前面に出す羽島市へ移住・定住Edia導入

  4. 長野県宮田村にAIがやってきた!

  5. シェア専用AI開発

  6. 人口6,000人の鳥取県智頭町がAIチャットボットを導入した理由

  7. 今さら聞けないAIチャットボットとは?

  8. ホテル導入AIチャットボットがサービス向上にひと役

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP