ワーケーションで移住者呼び込む能登地域にAIチャットボット「移住定住Edia」提供

能登地域移住交流協議会(七尾市、羽咋市、中能登町)は、
「のと住。~海あり、山あり、温もりあり~」と題した移住推進や
関係人口拡大につなげるための専用ホームページを開設しました。

ホームページでは、中能登地域の魅力を広域的に発信するとともに、
3市町の空き家情報や移住に関する情報、ワーケーションの情報等を順次発信しています。

また、移住希望者が気軽に相談しやすいよう移住相談フォームを設け、
実際に相談があった際には、移住プランナーが、迅速にそのサポートを行う仕組みとなっています。

弊社のAIが自動で応答するAIチャットボット「移住定住Edia」を提供し、
移住に関する3市町の支援制度や、空き家などの住まいに係る情報等に
関する質問に対し24時間応答できるようにしています。

世界農業遺産に認定された、能登に吹く風と土の香りは、
皆様の五感を刺激し、日々のリモートワークで疲れ切った体を癒してくれます。

地方自治体職員との意見交換や地域の方との交流していただくことで、
新しいビジネスやクリエイティブなアイディア創出につなげていただけるプログラムとなっており、
「新しいビジネス・新しい働き方・新しいオフィス」の3新が提供されます。
さらに、ファミリー向けのワーケーションツアーも開催されます。

閲覧者が能登地域での暮らしをイメージできるように、
ホームページ上で移住プランナーが定期的にブログ記事を掲載し、
中能登地域でのリアルなライフスタイルも発信されます。

のと住
https://notoju.jp/


.

関連記事

  1. 「救急受診ガイド」が「姫路市AIチャットボット」でも利用できるようにな…

  2. TripEdia導入で足元からサービスの見直し

  3. 愛媛県AIチャットボット住民窓口Edia導入

  4. 福岡県警察AIチャットボットが安心・安全な毎日を手助けします

  5. 埼玉県鴻巣市にAIチャットボット「住民窓口Edia」を提供しました

  6. 移住・定住Edia「ひょうご北部で暮らす」にいらっしゃい

  7. 今さら聞けないAIチャットボットとは?

  8. 人口6,000人の鳥取県智頭町がAIチャットボットを導入した理由

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP