「T2」夏号 最大級古墳のまちを裏路地探険

但馬の地域情報誌「T2」夏号の制作を開始しています。

今回の裏路地探険は養父市大藪です。
裏路地探検は読者の取材同行が特徴でもある人気コーナーですが、
昨今の世情を鑑み、急遽制作陣のみで取材を行いました。
楽しみにしていて下さった方々には、大変申し訳ございません。

大藪には約150基もの古墳があり、兵庫県を代表する古墳群です。
その中でも巨大な「禁裡塚(きんりづか)古墳」は、但馬はもちろん北近畿でも最大規模。
歴史ファンの間では「飛鳥古墳と同じくらい価値がある」と言われてるとか。
古墳内に入り、実際にその大きさを体験してきました。



まちの様子から、古のロマンを紐解きます。

取材の内容は手書きのイラストマップと合わせ、6月発行予定のT2夏号にて掲載します。
(感染症対策のため、発行日が遅れる場合がございます)
みなさまの家に届くのを楽しみにしてくださいね。

もう少々お待ちください。

関連記事

  1. 但馬の情報誌T2 春号vol.111 点から面へと広がる大屋

  2. ふるさと学習「鉱石の道」子どもポスターできました

  3. 佳松苑グループ情報誌「風姿花伝」カニ食べ納め号制作しました

  4. 「T2」春号制作中 香美町村岡兎塚を取材

  5. 佳松苑グループ様 旅行会社エージェント用パンフレットリニューアル

  6. 時を刻む木製レコード針『MORITA』を取材しました

  7. 「香美町の名品」募集の条件

  8. おとなが学ぶ、学生も学ぶ「みんなの鉱石の道」

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP