遠隔接客デジタルサイネージはじめました

CAMELの受付が、
自然×テクノロジーが融合した、心地よい空間になりました。

玄関に入ると目に飛び込んでくる、木目の自然を感じる空間と、
奥には「遠隔接客デジタルサイネージ」があります。

「自然とテクノロジー」という一見相反するものが融合することによって、
新しい未来を感じるデザインに仕上がりました。

ドアはオートロックキーで、個人の指紋認証によりロックが解除されます。
受付の無人化と効率化を図るために各スタッフ(アバター)や荷物の受け渡しなど通知で案内。モニター越しに接客する事もできます。(複数店舗があっても遠隔対応可能)

無人受付では、担当者に直接通知が入るため、他の従業員の業務を止める必要がなくなります。また、来訪者にとっても担当者とすぐに連絡が取れるため、待ち時間などの無駄も削減できます。

非対面・非接触が推奨されテレワークやオンライン会議などの機会が増加しました。
この傾向は受付でも変わりません。
人と人が接触する頻度を大きく減らすことができるため感染症対策に効果的です。

来訪者の情報を一括で管理できるため、セキュリティ対策になります。
アポイントがない人・面識のない人と会うことを避けることができます。

接客業におけるDXにはさまざまな形があり、
それぞれの課題や企業の方針によって導入すべきツール、サービスは変わります。

「目の前のお客様にご満足いただけるよう、一歩踏み込んだサービスを提供すること」を目指します。

この「遠隔接客デジタルサイネージ」は、
弊社でカスタマイズする事が可能で販売もしております。
ご興味のある方は、来社又はお問い合わせ下さい。

.

.

関連記事

  1. こま猫と行く!秋の丹後旅「TanTan秋号」を発行しました。

  2. 手のひらサイズが嬉しい。”船で行く別世界”。

  3. 遊ぶ・泊まるをおもてなし「TanTan夏号」が完成しました。

  4. リクルートパンフレット制作のため、日野金属産業株式会社 兵庫事業部さま…

  5. その土地でしか食べれないものを大切に。『T2』春号にて、但馬の優れた逸…

  6. 兵庫県北移住への心強い味方!但馬の移住ガイドブックがリニューアルしまし…

  7. 宝塚市へAIチャットボット住民窓口Edia提供

  8. グランピングに関する質問にも即座に回答!

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる