自治体で活躍する人工知能

RSK山陽放送にて、人工知能を使った移住に関する取り組みが紹介されました。

岡山県和気町では、子育て世代である20代〜40代の移住者が全体のおよそ75%をしめています。
その和気町イチオシの観光スポットである鵜飼谷温泉にて、Pepperを使った人工知能運用が始まりました。
このPepperはIBM Watsonと繋がっており、鵜飼谷温泉の施設案内や、町内の観光案内をすることができます。

自治体でのIBM Watson導入は、全国でも大変珍しい試みです。
今後SNSなどを通じ、さらに発展していくことでしょう。

和気町 地方創生特別番組〜みんなが住みたいまちに PART.3」
27:55あたりから、キャメルの福井がインタビューに答えています。

人口減少に歯止めをかけるべく移住施策を充実させ、人口の増加をめざす自治体の施策。
ご注目ください。

.
中井

.

関連記事

  1. 有限会社清美社にAIチャットボット「BチャットEdia」を導入

  2. AI「わけまろくんの部屋」で移住定住の空き家相談

  3. ホテル導入AIチャットボットがサービス向上にひと役

  4. 京都府宮津市の天橋立ホテル様が「TripEdia」を導入

  5. 宿泊施設の感染予防をAIチャットボットでサポート!

  6. 姫路市AIチャットボットのサービス開始

  7. 兵庫県市町連携にAIチャットボット「住民窓口Edia」が認定されました…

  8. 大阪のハブステーション新大阪駅に近いホテル様がTripEdiaを導入

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる