但馬牧場公園 但馬牛3Dアート看板設置しました

兵庫県立但馬牧場公園様の依頼により、
但馬牧場公園芝生広場内のスキーリフト乗り場前の壁面に
但馬牛3Dアート看板を設置しました。
注)この画像は但馬牛ではなく看板です。

サイズは、縦2m×横1m程度。
但馬牛が柵から顔を出して、横を向いて舌を出している但馬牛を牛とほぼ同じ目線の高さで正面から見て、手前をやや大きく表現し、遠近感を生み出しています。

リアリティーがあるものの、細部はデフォルメし、但馬牛のいたずらっぽく、
かわいい様子を表現しています。

3Dアートは、物体や環境を実際の立体的な形状で表現することができます。
これは、2Dアートや写真では表現できないリアルな表現が可能です。

また、非常に複雑な表現が可能で、細かいディテールや、
複雑な形状を表現することができます。

観光地での利用に適しており、
観光客は、そこで撮影した写真をSNSなどで共有することで、
インスタ映えする写真を手軽に撮影することができます。

#但馬牛 #但馬牧場公園

.

.

関連記事

  1. 加東アート館の新たなアートと驚きの体験

  2. 精密ばねメーカー・東豊精工様 開発の「脱線しないSP幌」

  3. QRコードで入退室を管理するシステムを提供

  4. お申し込みお待ちしています!

  5. 同額入札による抽選クジ引き決定戦に行ってきました・・・

  6. 「但馬牛」立て看板とアクリル技術の融合

  7. 愛は地球を救うで想いをつないだ「コピー(言葉)力」

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる