地域活性化に求められる事 但馬の情報誌T2 vol.113秋・冬号発行

地域おこし協力隊である豊岡市移住のプロデューサーは、
演劇を通してもう一度、人や文化の交流を盛んな町にしたいと願っている。

但馬の情報誌T2 秋・冬号では、
但馬に新たな劇場「江原河畔劇場」の誕生を特集しました。

9月から2週間にわたって市内各所で行われた豊岡演劇祭。
劇団による招待作品の他、自発的に行われる「フリンジ」型の公演
オンライン公演など、多様な形式で行われました。

その他のコーナーでは、親子で手作りする
香住ガニがぎっしり詰まった「かにみそまん」や、
製本会社が閑散期に養父市で取り組む「にんにく」栽培など、
今まで町に無かったものが生まれています。

以前栄えていた町や商店が、道路などで人の流れが変わり
閉店を余儀なくされている。
更に、コロナが追い打ちをかけている状況…

そんな中でも若手が新しい取り組みを始めることによって、
もう一度、町や商店・企業が活性化し始めている。

豊岡市では、芸術と観光分野の人材育成を目指し、
国公立では初となる演劇を学び、
実社会を生き抜くコミュニケーション力を修得できる
大学を来年4月に開校予定。

今、地域活性化に求められるのは、
「行動」のための「学び」ではないだろうか。

.

関連記事

  1. リピートする仕掛けづくり 熱い冬の戦い始まる情報誌TanTan発行

  2. 佳松苑グループ様 旅行会社エージェント用パンフレットリニューアル

  3. 「T2」春号制作中 香美町村岡兎塚を取材

  4. 媒体に合わせた記事制作を

  5. 「天橋立と世界遺産」ポスター・パネル制作

  6. 「香美町の名品」募集の条件

  7. 但馬の情報誌T2 夏号vol.112 近代化産業遺産が残るまち神子畑

  8. 但馬の情報誌T2 春号vol.111 点から面へと広がる大屋

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP