但馬の情報誌T2 春号vol.111 点から面へと広がる大屋

但馬の情報誌T2 春号vol.111が発行されました。
特集は、「点から面へと広がる大屋」です。

裏路地探検は、但馬ちりめんで栄えた但東町中山を歩きました。
お届け!職レポ隊では、水産加工で新しい技術に挑戦する、
香美町のハマダセイを取材しました。

昔から大屋は、観光スポットがいくつも点在しているのに
連携ができていなくて、もったいないと言われていました。
その多くが日帰りなどで宿泊客が少ないのが現状だった。
この状況を打開するために、
平成30年に「大屋地域活性化協議会」が発足。

<若杉地区>若杉高原おおやスキー場&キャンプ場
<明延地区>養父市立あけのべ自然学校
<横行地区>アウトドアカンパニー「ノースツアー」
<大杉地区>食の魅力を伝える古民家の宿 大屋大杉など

「人間らしい」というのは、
「自然との遊びや体験」から生まれてくると思います。

今までつながっていなかった、
歴史・文化や自然体験など、点が線になり、
面にしていくには、そこに関わる人が大きな役割を持っています。

人と人との心をつなぐ事で共感や感動が集まり、
目に見えない価値を生み出していくでしょう。

 
PS
コロナで外出自粛などのうちに、
今までできなかった整理整頓や、
つながりを見直すタイミングですね。
 
 

関連記事

  1. ふるさと学習「鉱石の道」子どもポスターできました

  2. 媒体に合わせた記事制作を

  3. スマホじゃモノ足りない!但馬ツーリズムマップvol.14発行

  4. 但馬の情報誌T2 vol.110秋・冬 但馬杜氏の郷

  5. 明智光秀ゆかりの地を「TanTan」で取材

  6. 鉱石の道ウォーキングマップ《朝来エリア編》が完成!

  7. 「T2」夏号製作中 裏路地探険を取材しました

  8. 「香美町の名品」募集の条件

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP