「但馬牛」と「豊岡の鞄産業」の2大特産品コラボ 「Tajima Cowhide(タジマカウハイド)」を取材

情報誌T2秋冬号の職レポ取材のため
兵庫県豊岡市にある株式会社D.L.P様に訪問してきました。

同社は但馬の2大特産品「但馬牛」と「豊岡の鞄産業」がコラボした
オリジナルの鞄「Tajima Cowhide(タジマカウハイド)」の生産と
製造システムの構築を行っている唯一の企業です。

当日は、オリジナル商品の誕生のきっかけからこだわりを取材しつつ
工房の様子、卸先である城崎にもお邪魔しました。


100年以上変わらない飼育システムでその血統を守ってきた「但馬牛」。
その原皮にこだわって作った「Tajima Cowhide(タジマカウハイド)」商品を
いろんな人に手に取っていただき、地域や社会に貢献できればという代表の岡森さん。

丈夫な持ち手のトートバッグをはじめ
ペンケースや名刺入れ、ブックカバーなども試験的に作られています。

シンプルながらしっかりとした作りは、学生や社会人にもおすすめです。
個人的に大人の女性が使っていてもかっこいいなと感じました。

城崎の鞄屋「サーカスサーカス」さんでは、実際に手に取ってみることができ
重さや縫い目、肌触りなど店舗だからこそできる体験を行うことができました。

そのほか店内をぐるっと見渡すと、個性的で上質な鞄がずらり。

象の鼻の皮を使用した財布なども置いてあり驚きです。
城崎でまた一ついい思い出ができました!

「Tajima Cowhide(タジマカウハイド)」の職レポは
10月中旬発行の「T2」秋冬号にて掲載予定です。お楽しみに。

関連記事

  1. 開湯40周年!「TanTan」夏号で夕日ヶ浦温泉を取材

  2. 山陰海岸国立公園指定50周年ポスター

  3. 但馬のすべてが詰まった一冊!最新版但馬検定テキストブック「ザ・たじま」…

  4. 裏路地探険で川の付け替え跡を辿る

  5. 遠隔接客デジタルサイネージはじめました

  6. お前も鬼にならないか?「TanTan」春号で “鬼”スポットを取材

  7. 地域活性化に求められる事 但馬の情報誌T2 vol.113秋・冬号発行…

  8. 旅楽秋号できたよ!

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる