但馬の情報誌T2 夏号vol.112 近代化産業遺産が残るまち神子畑

但馬の情報誌T2 夏号vol.112が発行されました。
特集は、近代化産業遺産が残るまち神子畑です。
今年度より、表紙デザインイメージが変わりました。

かつて東洋一といわれた「神子畑選鉱場」が、
今では、観光資源として、訪問客が3倍になりました。

観光ガイドで情報発信をしていく中で、
ミュージックビデオの撮影場所に選ばれたり、
観光拠点として、交流館もオープンしました。

その他、但馬の隠れた逸品では、
県内初のオリジナル品種梨「なしおとめ」の紹介や、
お届け職レポ隊では、災害時の備えに
地域の太陽光発電に取り組む企業を紹介しております。

どうして魅力を発信したら良いかわからないという
質問をよく聞きますが・・・

地域の強みを生かすのは、
「地域資源」を活用する「人」によるものです。
商品は、真似をする事はできるかもわかりませんが、
「その人自身」を真似する事はできません。

今回取材した、神子畑・なしおとめ・太陽光発電など、
「人」の努力と魅力です。
そして、それを取材編集して発信するのも「人」と
いう事なのです。
 

 

関連記事

  1. 海の京都デジタルガイドブック納品しました

  2. コウノトリ但馬空港 搭乗案内リーフレットを制作しました!

  3. 丹後&但馬遊びを提案するTanTan夏号完成

  4. おとなが学ぶ、学生も学ぶ「みんなの鉱石の道」

  5. 「天橋立と世界遺産」ポスター・パネル制作

  6. 媒体に合わせた記事制作を

  7. 但馬の情報誌T2 春号vol.111 点から面へと広がる大屋

  8. camel-magazine vol.3は、観光支援キャンペーンです

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP