AI「わけまろくんの部屋」で移住定住の空き家相談

岡山県和気町のIBM Watsonを活用した、移住希望者に向けた住民サービス
「わけまろくんの部屋」プレスリリース後、70社以上のメディアに取り上げられる
反響で町を知って貰えた事は大きかったです。

「わけまろくんの部屋」開設後、多くのの質問が寄せられました。
ただ、半分が想定外の質問のため答えられない状況です。

最も多い質問だったのが、「人口は」でした。(あとは秘密w)
直接質問よりもカテゴリから「空き家」や「補助金」を
選んで質問して頂いた方が詳しく解ると思います。

今後、質問のログが録られているので、
返答の学習を急がないといけないのと、
ユーザーの関心がどこにあるのか調べる必要があります。

まだ、新人の「わけまろくん」ですが、IBM Watsonの優れている所は、
自然言語のキャッチボールができる事です。

「おすすめは」と言われて「どんなものに興味がありますか?」と返して
どのジャンルなのか誘導していきます。
更に、英語で質問しても自動翻訳してくれます。

将棋のルールと対局(棋譜)数でAI(人工知能)が名人に勝ったように、
行政のルール(住民サービス)と問い合わせの数を重ねる事で、
(24時間・同時に何万人でも対応可能)

近い将来ベテラン職員よりもエキスパートに進化していくのではないでしょうか。

キャメルは、IBM Watson エコシステムパートナーとして、
AIシステムで移住定住導入支援及び構築を行っています。

.

.

関連記事

  1. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  2. 企業でのDX活用事例・AI活用を学べるセミナーを開催しました。

  3. Pepperくん起動!「観光ガイド」「館内案内」に期待

  4. デジタルファースト宣言した広島県三原市にAIチャットボット納入

  5. 鳥取県境港市で新型コロナAIチャットボット運用開始

  6. 兵庫県旅館ホテル生活衛生同業組合でセミナー講師

  7. 横浜市のAIチャットボット導入に向けて

  8. 兵庫県養父市で「住民窓口Edia」の操作説明会を開催しました

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる