埼玉県鴻巣市にAIチャットボット「住民窓口Edia」を提供しました

埼玉県鴻巣市で9月1日より、
新たな技術を活用した市民サービス向上等の効果を検証するため、
AIチャットボット「住民窓口Edia」案内サービスの利用を開始しました。

鴻巣市は、埼玉県のほぼ中央に位置し、関東ローム層や荒川沖積層からなる肥沃な土地で、
花卉や果樹などの栽培に適しています。

江戸時代には中山道の宿場町として栄え、380年余の伝統を誇る「ひな人形のまち」として、
また近年では「花のまち」としても全国にその名が知られています。
川幅・マリーゴールド出荷数・1分当たり花火尺玉数が日本一です。

AIキャラクター「ひなちゃん」は、鴻巣市の地名の由来の1つである
「こうのとり伝説」のこうのとりのヒナをモチーフにされており、
兵庫県豊岡市のコウノトリとの縁を感じます。

鴻巣市では、子育て世代に力を入れており、
AIチャットボットのQ&Aでは、
妊娠・出産、子育て、ゴミ・リサイクル、手続き・証明などの充実や、
以前から、子育てアプリや
簡単手続き検索「手続きナビ」も実施されています。

子育てなどノウハウを共有をすることで、
個人が持っている専門的な知識や技術を社会全体で活かして、
子育ての質を高めていくことができます。

AIチャットボット「住民窓口Edia」の共用AI学習システムも、
導入時から他自治体様のノウハウを共有することで、
構築時間が掛からないため、
住民サービスの向上につながります。

.

.

関連記事

  1. 夏休み現地に出かける移住計画家族増加中!

  2. 奈良県庁「奈良モデル」に「住民窓口Edia」採用

  3. 京都四条河原町に誕生したアパートメント型ホテル様がTripEdia導入…

  4. 和と洋のハイセンスモダンが織りなすホテルにTripEdia導入

  5. スマート自治体への転換 米子市AIチャットボット住民窓口Edia選定

  6. 鳥取県境港市で新型コロナAIチャットボット運用開始

  7. 人口6,000人の鳥取県智頭町がAIチャットボットを導入した理由

  8. 忍びの里 滋賀県甲賀市に多言語AIチャットボットを納入しました

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP