「香美町の三番叟」大乗寺でライブ配信業務

香美町の歴史文化を未来へつなぐ協議会様の依頼により、
4年ぶりに、大乗寺客殿「孔雀の間」での三番叟の奉納をライブ中継業務を行いました。

大乗寺とは、天平17(745)年に行基菩薩が開山した高野山真言宗の寺。江戸時代の画家・円山応挙とその一門による165面の襖絵全てが重要文化財に指定され、「応挙寺」の名でも親しまれています。

「香美町の三番叟は、社会の変化に応じて長く伝承され、能や歌舞伎という伝統芸能が近世の地域社会に定着、継承されてきた事例として、民俗芸能の資料を提供する貴重な存在である。」として香美町内7カ所の三番叟を一括し「香美町の三番叟」として兵庫県指定重要無形民俗文化財に指定されました。

三番叟は室町時代、猿楽を源流に、五穀豊穣(ほうじょう)や地域の安寧を願って大地の四方を踏み固める祈りとして始まったとされています。

重要無形文化財の保存は、文化と伝統を守り、次世代への継承を支え、地域社会の結束と共感を促進します。保存された文化財は、教育と研究において貴重な資料として活用され、文化的な知識と理解を豊かにします。

.

.

関連記事

  1. 兵庫県北移住への心強い味方!但馬の移住ガイドブックがリニューアルしまし…

  2. インバウンド観光「現地調査」で学んだこと

  3. 運賃助成で「お得」に里帰り!兵庫県豊岡市にあるコウノトリ但馬空港里帰り…

  4. ツーリズムEXPOジャパンへ出展

  5. 東京都新宿区へ打ち合わせに行ってきました。

  6. 「但馬牛」と「豊岡の鞄産業」の2大特産品コラボ 「Tajima Cow…

  7. 朝来市ふるさと納税パンフレットの商品撮影

  8. 定番になるには理由がある。また行きたいがここにある。丹後&但馬の遊びを…

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる