世界を舞台に。藤田さんが作る「音」地域情報誌『T2』夏号の取材で香美町村岡ヘ行ってきました。

地域情報誌『T2』では、但馬から”て”で生み出すつくりてコーナーがあります。

但馬(たじま)とは兵庫県北部の3市町2町(豊岡市・養父市・朝来市・香美町・新温泉町)からなる地域の総称です。

”つくりて”では、上記の地域で、”て”を使って
創作活動をされている方を中心にお声かけをさせていただき
活動のきっかけや、制作している上で大変なこと、面白いことなどを
取材しご紹介しているコーナです。

今回は、ドイツから兵庫県香美町に移住してこられた
ヴィブラフォン・マリンバ奏者 藤田さんの創作活動について取材させていただきました。

幼い頃からドラムの演奏をされていたそうで、
今はヴィブラフォンとマリンバという楽器を使用し、自然をモチーフにした作曲を多くされています。
ヴィブラフォンとは金属製の鉄琴の一種。マリンバとは木製の木琴の一種です。
どちらとも鍵盤打楽器といって、ピアノのように同じ配列に板や管が並べられ叩くことでメロディーやリズムを奏でることができます。

移住する前にドイツで最後に作ったというアルバム
「Bird Ambience」の「Thunder」という曲が気になったと
お話をしていたところ特別に生演奏をしてくださり、大変嬉しかったです。

木琴は、優しく軽やかな音が多いイメージですが「Thunder」では
マリンバからズーンと鈍い音が出るのが体感できます。

「よかったら弾いて帰りませんか」とお声がけいただき
丁度、現場に居合わせた香美町の職員さんと、マリンバの演奏体験をしてきました。

なぜドイツから但馬へ?
どんな音楽を作っている人なんだろう?

紙面では、藤田さんの取り組んでおられる創作活動について
さらに詳しくご紹介させていただこうと思います。
気になる「T2夏号」は6月中旬発行予定です。
お楽しみに!

 

関連記事

  1. 兵庫県豊岡市出石町(いずしちょう)おすすめの楽しみ方とは?

  2. 但馬の情報誌T2 vol.122~ロケ支援でまちを元気に~

  3. 「植物工場物語」リーフレット完成!

  4. 旅楽春号できました!

  5. 淡路島エリアへ打ち合わせに行ってきました。

  6. 定番になるには理由がある。また行きたいがここにある。丹後&但馬の遊びを…

  7. 観光情報誌「旅楽」vol.48秋号発行~秋絶景を求めて~

  8. 村に残る歴史と風景を継承していく。『T2』春号の取材で、兵庫県養父市奥…

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP
閉じる