「ポイ捨てごみゼロプロジェクト」LINEサービス開始

京都府亀岡市では「環境及び教育事業連携に関する協定」を締結しているソフトバンク株式会社との共同研究として、ごみをポイ捨てしにくい環境構築を目的とした、ポイ捨てごみゼロに向けたプロジェクトに取り組んでいます。

市民が散歩中にごみを拾う「エコウォーカー」を展開するなど、ごみ減量に力を入れており、現在、約1,000人がエコウォーカーに登録。登録証やごみ拾いトングなどの活動備品を配布し、ポイ捨てごみのない清潔で快適なまちづくりを推進しています。

この度、弊社では亀岡市公式LINEアカウントから、
ポイ捨てごみの状況を投稿できるサービスを開発させていただきました。

亀岡市の公式LINEアカウントのメニューから「ごみ投稿」の項目を追加。
タップすると、拾ったごみの種類や数を入力する画面が現れます。
落ちていた位置情報を衛星利用測位システム(GPS)を使って発信し、
任意で写真も投稿できます。

投稿データは、ごみ削減につなげ、
ごみをポイ捨てしにくい環境構築に向けて、
IoTごみ箱の試験的な設置等が進められます。

.

.

関連記事

  1. デジタルファースト宣言した広島県三原市にAIチャットボット納入

  2. ジチタイワークスで移住・定住Edia紹介

  3. 子育て支援充実の愛知県瀬戸市もAIチャットボット「住民窓口Edia」加…

  4. AIコンシェルジュTripEdia全国キャンペーンはじめました

  5. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

  6. 女性客を意識した旅館にTripEdia導入

  7. 今さら聞けないAIチャットボットとは?

  8. 福岡県に市町村連携の移住相談AIチャットボット提供

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP