神々が宿る地 熊野に移住・定住Edia導入

三重県熊野市にAIチャットボット移住・定住Ediaを
導入して頂きました。

熊野市は、紀伊半島の南東部に位置し、面積の約88%を豊かな森林が占めています。南端の三重県と和歌山県との県境には一級河川の熊野川が流れ、この流域や七里御浜、奈良県吉野郡、和歌山県の一部にかけて「吉野熊野国立公園」の区域となっています。

四季折々で多彩な表情をみせる雄大な自然と、世界遺産の熊野古道(紀伊山地の霊場と参詣道)や、日本最古の祭祀遺跡の一つといわれる花の窟神社に代表される悠久の歴史と文化が今も脈々と受け継がれています。

AIチャットボットのキャラクターは、
熊野市でしか栽培できない果実 香酸かんきつ「新姫」のPRのために登場した「にいひめちゃん」です。

移住と観光の親和性は高く、観光で気に入った人が、
移住を決める事は少なくありません。 

最近では、地域への新しい入口として、移住した「定住人口」でもなく、観光に来た「交流人口」でもない、地域と多様に関わる人々を「関係人口」と言います。

地方圏は、人口減少・高齢化により、地域づくりの担い手不足という課題に直面していますが、地域によっては若者を中心に、変化を生み出す人材が地域に入り始めており、「関係人口」と呼ばれる地域外の人材が地域づくりの担い手となることが期待されています。

くまの移住ネット
https://kumanoijunet.jimdofree.com/

AI MEDIA REVOLUTION CAMEL

 

関連記事

  1. ルームサービス増加を予測するAIチャットボットTripEdia

  2. 朝野家でインバウンド観光客に対応するTripEdia導入

  3. シェア専用AI開発

  4. LINEと連携できるAIコンシェルジュTripEdia

  5. 山陰の名湯・三朝温泉の旅館様が「TripEdia」を導入

  6. AI特化のオンライン見本市出展

  7. スペース24のスマホ活用に学ぶ

  8. 愛知県39市町村でAIチャットボット「住民窓口Edia」共同運用開始

アーカイブ

最近のブログ記事

制作実績一覧

PAGE TOP